/

この記事は会員限定です

気候変動 リスク開示広がる

日本企業、161社で世界最多

[有料会員限定]

地球温暖化など気候変動の影響を開示する日本企業が増えている。161社と2018年末比で4倍に増え、世界で最多となった。気候変動が企業業績や財務に及ぼす影響の分析・開示を求める「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」に賛同した企業だ。環境・社会・企業統治を重視する「ESG投資」が膨らむなか、そうした性質のマネーを呼び込む狙いがある。

TCFDは主要国の金融当局からなる金融安定理事会(FSB...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン