リクナビ問題、トヨタも「内定辞退率」データ購入

データの世紀
2019/8/10 20:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダに続いてトヨタも「内定辞退率」を購入していたことが明らかになった

ホンダに続いてトヨタも「内定辞退率」を購入していたことが明らかになった

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が就活学生の「内定辞退率」の予測データを企業に販売していた問題で、トヨタ自動車が同データを購入していたことが10日、分かった。購入した企業名が明らかになるのは、ホンダに次いで2例目。トヨタは「選考の合否判定には使っていない」としている。

【関連記事】リクナビ問題、利用38社の責任も 省庁間で連携

同社は「採用活動は志望者と実際に面談し、適性や入社意思を確認するのが前提」と説明。辞退者を減らす目的で購入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]