2019年9月19日(木)

イタリア連立政権、与党内紛で瀬戸際に 10月総選挙も

2019/8/10 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政権が崩壊の瀬戸際に立たされている。与党極右「同盟」が連立相手の左派「五つ星運動」と予算やインフラ政策で意見が対立し、内閣不信任案を出した。10月に総選挙との観測も浮上し、極右が主導する新政権が誕生する可能性もある。政局混乱で金融市場の警戒感は高まっている。

「もはやこのまま政権を続ける意味はない」。サルビーニ党首が率いる同盟は9日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。