2019年9月23日(月)

北朝鮮飛翔体、迎撃困難か ミサイル防衛に不安増

北朝鮮
2019/8/10 18:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮が10日、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を再び発射した。日本政府は北朝鮮による相次ぐ飛翔体発射を受け、防衛体制の強化を急いでいる。ただ、最近の飛翔体は低高度の新型ミサイルではないかとの見方も広がる。撃ち落としにくい高度で飛行し、下降段階で軌道が変わる複雑な動きが特徴だ。短距離とはいえ、現在の迎撃体制で対応できるか不安が残る。

・【関連記事】トランプ氏発言が挑発助長 北朝鮮がミ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。