/

日中戦略対話開催 尖閣国有化以降7年ぶり

秋葉剛男外務次官は10日、中国の楽玉成外務次官と長野県軽井沢町で日中戦略対話を開いた。2020年春に予定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日に向け、新たな時代にふさわしい日中関係を築くことで一致した。北朝鮮による10日の飛翔(ひしょう)体発射も踏まえ、北朝鮮の核・ミサイル問題での連携を確認した。

日中戦略対話は日本政府が2012年に沖縄県・尖閣諸島を国有化して以降中断しており、約7年ぶりの開催となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン