/

日本政府、飛翔体で「領域・EEZに飛来確認されず」

(更新)
防衛省

政府は10日朝、北朝鮮による飛翔(ひしょう)体発射に関し、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)内への飛来は確認されていないと発表した。「現時点において、我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」としている。

原田憲治防衛副大臣は防衛省の幹部会議後、記者団に「情報の収集と分析に努めるとともに、警戒監視に万全を期す」と語った。飛翔体が短距離弾道ミサイルである可能性については「分析中だ」と説明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン