北朝鮮が短距離弾道ミサイル 7月25日から発射5度目

2019/8/10 6:46 (2019/8/10 12:11更新)
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国軍合同参謀本部は10日、北朝鮮が同日午前5時半すぎ、東部の咸興(ハムフン)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定する2発の飛翔(ひしょう)体を発射したと明らかにした。飛行距離は約400キロメートル、高度は約48キロメートルだった。韓国大統領府は関係閣僚会議を招集し、米韓合同軍事演習に対抗する武力示威だと判断した。

北朝鮮は6日にも短距離弾道ミサイルを2発発射した。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]