ジョンソン英首相、ビジネスへの影響に関心薄く

英EU離脱
2019/8/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=佐竹実】ジョンソン英首相は欧州連合(EU)からの離脱を「何が何でも10月末に実現する」と宣言し、離脱最優先の姿勢を崩さない。経済の混乱を顧みない新政権の強硬ぶりを産業界は強く危惧する。

新政権は7月末、合意なき離脱に備えて21億ポンド(約2700億円)の追加予算を組んだ。通関手続きで混乱が予想される国境周辺の職員の増強や医薬品の備蓄、国民への周知などがメインで、企業向けの財政支援策は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]