/

この記事は会員限定です

最低賃金、19県が「目安」超え 上げ幅東京並みに

[有料会員限定]

九州や東北などの地方で、国の示した「目安」を超えて最低賃金を上げる動きが広がっている。9日までに47都道府県すべてで今年の引き上げ額が決まり、約4割の19県が目安を超えた。引き上げ額の全国最高は鹿児島県で目安を3円上回る。地方は人口減少への対応で、労働力をひき付けるための賃上げを急ぐ。中小企業を中心にコスト増に対応し生産性を高められるかが課題になる。

最低賃金は企業が従業員に支払わなければならない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン