ナカニシ、1~6月期純利益31%減 国内歯科機器が反動減

2019/8/9 20:40
保存
共有
印刷
その他

歯科治療器具のナカニシが9日発表した2019年1~6月期連結決算は純利益が31%減の30億円だった。前年同期に好調だった滅菌装置や歯を削るのに使うハンドピースの国内販売が落ち込んだ。工作機械に使うドリルも米中貿易摩擦の影響で販売に苦戦した。期中に発売したハンドピースの新製品の受注が好調なため、通期の業績予想は据え置いた。

売上高は9%減の172億円だった。ハンドピースは新製品の販売を見越した買い控えで欧米も減収となった。同社は全量を国内生産して輸出しており、為替が円高に振れたのも減収要因となった。営業利益は29%減の40億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]