/

この記事は会員限定です

九州・沖縄28信金の6割、前期最終減益 貸出金利回り低迷

[有料会員限定]

九州・沖縄に本店を置く28信用金庫の2019年3月期決算は、6割にあたる16信金で最終利益が減少した。28信金合算の最終利益は前の期比16%減の95億円だった。貸出金残高は増加したものの、日銀のマイナス金利政策によって利回りは低水準。地方の人口減少という逆風も吹くなか、同じく苦境にあえいでいる地方銀行との顧客争奪戦に向け、各信金は業務効率化などを進める。

日本経済新聞社が九州・沖縄の28信金にアンケー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン