/

この記事は会員限定です

「過酷な道」で考えよ レースや五大陸走破、若手育む

トヨタの未来 第9部「瀬戸際の人づくり」(上)

[有料会員限定]

「批評する力はあるが、実行する力はない。こういう技術者では車はできぬ」。トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎氏は約80年前の創業期、こう語り社員を戒めた。喜一郎氏が求めたのは「実践力」。自ら問題を解決する能力のことだ。世界37万人と巨大になる過程で現場から遠ざかる社員が増えたトヨタでは今、当時と同じ課題を抱える。解決に向け乗りだしたのは原点に立ち返った「人づくり」だ。

「新しい時代に適合して生きぬくか、終焉(しゅうえん)かの瀬戸際の時代だ」

喜一郎氏の孫にあたるトヨタの豊田章男社長は常々こう話し、世界37万人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン