リクルート、4~6月期最高益 リクナビ問題影響も

2019/8/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リクルートホールディングスが9日発表した2019年4~6月期の連結純利益(国際会計基準)は前年同期比25%増の593億円で過去最高となった。国内外で転職や就職サイトの求人広告などが伸びた。ただ、就職情報サイト「リクナビ」で就活生の同意を得ずに内定辞退率の予測を企業に販売していた問題が浮上。今後のビジネスに影響が及ぶ可能性もある。

同社は事業ごとの利益をEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]