2019年9月18日(水)

パキスタン、インド直行列車停止 カシミールで対立激化

2019/8/9 19:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューデリー=馬場燃】インドとパキスタンの対立がエスカレートしている。両国が領有権を争うカシミール地方の北部ジャム・カシミール州の自治権をインド政府が剥奪したことに反発するパキスタンはインド行きの直行列車を停止すると表明、国内でのインド映画の上映も禁じた。インド外務省のクマー報道官は9日、一連のパキスタンの対応について「インドに相談なく一方的に決めている」と非難した。

ジャム・カシミール州のスリナガルで警備にあたるインドの治安部隊=ロイター

パキスタン政府はインドとの国境に近い大都市ラホールとインド北部アムリトサルを結ぶ列車の運行を停止すると発表した。列車は両国間を週2回運行していた。8日はパキスタン側の国境で電車が止まり、乗客が長い時間待たされた。現地からの報道によると、両国を結ぶバスの8日の乗客は3人だったという。インド側は「列車は通常に運行する」としている。

インドのモディ政権は6日、ジャム・カシミール州の自治権を認める憲法規定を削除する改正案を成立させ、連邦直轄領とした。同地はヒンズー教徒が約8割を占めるインドのなかで唯一イスラム教徒が多数派となっており、イスラム国家であるパキスタンの激しい反発を招いた。

パキスタン政府はすでにインドとの貿易を停止し、インド大使には国外退去を要求している。8日までにインド映画の上映も禁止し、ヒトやモノの動きを遮断する姿勢を強めている。パキスタン側は自治権の剥奪は国連安全保障理事会の決議に違反すると主張し、中国ともカシミールについて話し合う。インドのクマー報道官は「インド内政の問題でありパキスタンは神経質になっている」との見解を示した。

インド側はカシミール地方の統制を強めている。イスラム過激派によるテロ活動を警戒し、新たに数千人単位で軍を派遣。ジャム・カシミール州の自治権剥奪に抗議する市民や州政府元幹部らを含む500人以上を拘束したもようだ。

小規模な集会も開けなくなり、商店も相次ぎ閉店しているという。4日夜からネットや電話がつながらなくなっており、同地域に住む家族や知人の安否を確認できないとの不満の声も出ている。

モディ首相は8日夜、国民向けにテレビ演説し、カシミール地方について「子供は教育が受けられず、女性にも権利がなかった。今はすべてのインド人と平等になった」と自治権剥奪を正当化した。豊かな自然を生かした観光拠点や映画のロケ地として整備する考えを示し、経済発展や雇用の機会も広がると主張した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。