/

この記事は会員限定です

「芸能人は例外」変わるか 吉本興業、問われた公正

真相深層

[有料会員限定]

お笑い芸人の「闇営業」問題を機に吉本興業と所属タレントの契約実態に疑問の目が向けられ、同社は契約のあり方を見直すことになった。芸能事務所とタレントの力関係を巡っては公正取引委員会も近年関心を強めている。「芸能界だから」「タレントだから」で片付けない、公正なルール作りが求められている。

「今後は吉本所属の芸人と共演できなくなる恐れがある」。30代のお笑い芸人の男性は数年前に吉本興業との契約を解消した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン