電子部品株に売り広がる、米企業とファーウェイの取引再開遅れ懸念

2019/8/9 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9日の東京株式市場で電子部品株が軒並み下落した。米政府が、米企業と中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との取引再開に向けた許可決定を先送りしていると伝わり、取引がある日本メーカーにも悪影響が出るとの懸念が広がった。

電子部品関連は日経平均株価が続伸するなかで逆行安が目立ち、太陽誘電が一時前日比3%安、TDKが一時2%安となった。村田製作所も小幅安となった。

ファーウェイ関連銘柄は6月末の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]