上皇后さま、早期の乳がんで手術へ

2019/8/9 18:20
保存
共有
印刷
その他

栃木県の那須御用邸内の休憩所「嚶鳴亭」の周辺を散策される上皇ご夫妻(7月)

栃木県の那須御用邸内の休憩所「嚶鳴亭」の周辺を散策される上皇ご夫妻(7月)

宮内庁は9日、上皇后さまの左乳腺に悪性を疑わせる所見が認められ、検査の結果、比較的早期の乳がんと診断されたと発表した。8月下旬まで静養した後、9月以降に手術を受けられる。転移している可能性は低いという。

同庁によると、84歳の上皇后さまは7月12日の健康診断で乳腺のエコー検査を受けられた際、左乳腺に腫瘤(しゅりゅう)が認められた。磁気共鳴画像装置(MRI)による追加検査を同15日に行い、悪性を疑わせる所見が認められた。8月2日に受けられた組織検査で乳がんが見つかったという。

同庁によると、上皇后さまは体重が急に減っているが、代替わりに伴う多忙によるもので、がんの影響ではないとみられる。手術を受けるには体力の回復が必要で、8月下旬に例年通り、長野県軽井沢町と群馬県草津町で静養されるという。

上皇后さまは6月にも宮内庁病院で心臓検査を受けた際、血液の逆流を防ぐ心臓の弁が完全に閉じないために起きる中等度の三尖弁(さんせんべん)逆流症、軽度の僧帽弁逆流症のほか不整脈が認められ、経過観察中だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]