エボラ熱、日本勢も対策研究 コンゴでの感染拡大で

2019/8/10 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アフリカのコンゴ民主共和国(コンゴ、旧ザイール)でエボラ出血熱の感染拡大が続くなか、日本の大学や企業でもエボラ対策研究が進む。北海道大学とデンカ生研(東京・中央)は検査キットの効果を現地で確認。大阪大学発の製薬企業アンジェスはこれまで無かった根本的な治療薬の実現を目指す。4日にはコンゴへの渡航歴がある70代の女性が帰国後に発症の疑いで検査を受けるなど、エボラの封じ込めは世界共通の課題だ。国際的な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]