/

この記事は会員限定です

エボラ熱、日本勢も対策研究 コンゴでの感染拡大で

[有料会員限定]

アフリカのコンゴ民主共和国(コンゴ、旧ザイール)でエボラ出血熱の感染拡大が続くなか、日本の大学や企業でもエボラ対策研究が進む。北海道大学とデンカ生研(東京・中央)は検査キットの効果を現地で確認。大阪大学発の製薬企業アンジェスはこれまで無かった根本的な治療薬の実現を目指す。4日にはコンゴへの渡航歴がある70代の女性が帰国後に発症の疑いで検査を受けるなど、エボラの封じ込めは世界共通の課題だ。国際的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン