/

ポテチ好調、湖池屋の19年6月期 純利益2.7倍

相次ぐ減益決算を尻目に、ポテトチップスなどを手掛ける湖池屋が快走している。9日発表した2019年6月期の連結決算は純利益が前の期比2.7倍の3億6800万円だった。主力商品の売れ行きが好調に推移した。売上高は339億円と5%増えた。

営業利益は2.5倍の6億7700万円。消費者の健康志向を狙った無添加の「コイケヤ プライドポテト」など、付加価値の高い商品が寄与した。定番の味も安定して売れた。

20年6月期は売上高が前期比7%増の365億円、純利益は22%増の4億5000万円を見込んでいる。ポテトチップスの販売が引き続き伸びるほか、海外事業拡大も寄与する。台湾やベトナム、前期に現地法人を立ち上げたタイも貢献する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン