ふるさと納税と地方財政(4) 趣旨に沿った活用の事例
近畿大学准教授 鈴木善充

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/8/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ふるさと納税は2008年4月から始まりました。総務省の「ふるさと納税研究会報告書」(以下、報告書)によると、ふるさと納税制度は07年5月、菅義偉総務相(当時)の提案で議論が開始されました。

地方部に生まれ育った人が、進学や就職で都市部に移り住むと都市部に納税することになり、生まれ育った地方部に税収が集まりません。自分の意思でいくらかを納税できる制度があってもよいだろうというのが制度の趣旨です。し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]