新潟県内の官民、観光地へバス運行 周遊性高める

2019/8/9 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夏のレジャーシーズン本番を迎え、新潟県内の官民が観光誘客に力を入れている。主要駅から観光地へバスを運行して周遊性を高める動きが相次ぐほか、上越市立水族博物館は夏休み向けのプログラムを用意した。6月に地震が発生した村上市では客足の本格回復に至っておらず、イベントの拡充やラジオ広告でアピールする。

南魚沼市と市観光協会は、10~18日に無料観光バス運行の実証実験に取り組む。アンケートを記入すれば、乗…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]