/

この記事は会員限定です

命令形の含意にひたる ロバート キャンベル

[有料会員限定]

「しろ」「しな」「こい」「やめな」。日本語の命令形は匕首(あいくち)のごとく短く鋭いものを多く含んでいる。一句をあげよう。

〈五月雨の空吹き落せ大井川〉

元禄7年(1694年)5月、松尾芭蕉は江戸から最後の旅に出る。大井川が増水して、島田の宿で3日間足止めを食らったときのこと(『有磯海』)。

大井川よ、いっそのこと雲も空もみんな吹き落としちまえ。 濁流渦巻く川も雨を降らす空も旅人の鬱屈も、一本の流れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン