時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,418.81 +13.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,390 +10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

8月16日(金)14:20

ユニゾ SBG系ファンドがTOB報道「きょう取締役会」[映像あり]

英領ジブラルタル当局 拿捕のイランタンカーを解放

8月16日(金)13:03

[PR]

スクランブル

フォローする

世界株、「夏の嵐」は本当に去ったのか
編集委員 川崎健

2019/8/9 11:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領による対中制裁関税「第4弾」の発動表明から1週間が経過した。エスカレートする米中対立を嫌気して世界の株式相場は急落したものの、今週半ばからは戻りを試す展開だ。投資家心理は落ち着きを取り戻しつつあるが、マーケットを突然襲った「夏の嵐」は本当に去ったのか。最後は、景気と企業業績が株価を決める。株価と金利の間に世界景気の先行きに対する見方に大きな差が残っている以上、楽観は禁物だ。

9日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム