/

米ブロードコム、シマンテック法人事業を1兆円で買収

【ニューヨーク=中山修志】米半導体大手のブロードコムは8日、米セキュリティーソフト大手シマンテックの法人向け事業を買収すると発表した。買収額は107億ドル(約1兆1000億円)。ソフトウエア事業の拡大に向け、M&A(合併・買収)の戦略を加速させる。

シマンテックは法人向けにコンピューターネットワークやクラウドサービスのセキュリティー管理を手掛けている。2019年3月期の事業売上高は前の期比10%減の23億ドル。シマンテックは事業の売却後、消費者向けのパッケージソフト事業に専念する。

ブロードコムは20年3月末までに買収手続きを完了する計画。年間20億ドル以上の増収と、コスト削減効果を含め13億ドル以上の利益貢献を見込む。ホック・タン最高経営責任者(CEO)は「M&Aはブロードコムの中心戦略だ。世界で2000社にのぼる当社の顧客基盤を生かしてソフト事業を拡大する」と述べた。

同社は半導体大手クアルコムの買収をめざしたが、トランプ米大統領の反対によって18年3月に計画を断念した。同年7月に企業向けソフト大手の米CAテクノロジーズの買収を発表し、ソフト事業強化の方針を打ち出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン