/

ウーバー、過去最大の5550億円の赤字 4~6月

【シリコンバレー=白石武志】米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズは8日、2019年4~6月期の最終損益が52億3600万ドル(約5550億円)の赤字(前年同期は8億7800万ドルの赤字)だったと発表した。事業拡大に向けた先行投資に加え、19年5月の新規株式公開(IPO)関連の費用が重なり、業績が確認できる17年1~3月期以降で過去最大の赤字となった。

IPOに伴い、従業員らに与えた株式による報酬の評価額を費用として39億ドル計上したのが響いた。ただ、これらの費用を除いた実質ベースでも最終損益は13億ドル前後の赤字となる計算で、前年同期よりも赤字幅は拡大した。1株当たり利益(EPS)は4.72ドルの赤字と事前の市場予想を下回り、8日の時間外取引でウーバー株は同日終値に比べ一時10%超安を付けた。

売上高は前年同期比14%増の31億6600万ドルだった。ウーバーは60を超える国と地域でサービスを展開しているが、同業の台頭が著しい中国や東南アジアからは既に撤退している。北米でも米リフトとの競争が激しく、売上高の伸び率は1年前の53%から大幅に縮小した。

部門別では主力のライドシェア事業の売上高が2%増の23億4800万ドルにとどまる一方、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の売上高は72%増の5億9500万ドルと全体の伸びをけん引した。地域別では北米と欧州・中東・アフリカ(EMEA)が好調だったものの、中南米が24%減と苦戦した。

ライドシェアや料理宅配、貨物トラック配車などを含む全サービスの取扱高は31%増の157億5600万ドルだった。ウーバーはこのうち8割前後を各種サービスの担い手である運転手らに配分している。ウーバーの約2割の取り分だけではサービスの運営費用や研究開発投資などをまかなえない状態が続いており、本業のもうけを示す営業損益は業績が確認できる17年1~3月期以降、10四半期連続で赤字となった。

ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は8日のアナリスト向けの電話会見で黒字化の時期などには触れなかった。北米市場で最大のライバルであるリフトについては「収益性の向上に焦点を当てているようにみえる」と述べ、顧客獲得競争が今後は沈静化していくとの見通しを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン