有給休暇の取得 年5日の消化は会社に義務
(解説 働き方改革関連法)

2019/8/11 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

働く人がリフレッシュするために設けられているのが、休暇中も給料が支払われる有給休暇制度だ。ただ日本企業の有休の消化率は主要国の中でも低く、労働基準法の改正で新しいルールが加わった。2019年4月から年5日分は従業員が消化できるように会社が義務を負うことになった。

対象は入社してから6カ月以上働いていて、出勤率が8割以上、年次有給休暇が10日以上与えられる人だ。パートタイムでも勤務年数によっては対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]