/

この記事は会員限定です

有給休暇の取得 年5日の消化は会社に義務

(解説 働き方改革関連法)

[有料会員限定]

働く人がリフレッシュするために設けられているのが、休暇中も給料が支払われる有給休暇制度だ。ただ日本企業の有休の消化率は主要国の中でも低く、労働基準法の改正で新しいルールが加わった。2019年4月から年5日分は従業員が消化できるように会社が義務を負うことになった。

対象は入社してから6カ月以上働いていて、出勤率が8割以上、年次有給休暇が10日以上与えられる人だ。パートタイムでも勤務年数によっては対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン