シンガポールで国際調停条約「合意に強制力」
46カ国が署名 シャンムガム法相「貿易や投資を促進」

2019/8/10 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国や中国など46カ国は7日、シンガポールで国際調停に関する国連条約に署名した。採択を主導したシンガポールのシャンムガム法相に新条約の意義を聞いた。

【関連記事】国際調停に関する国連条約、46カ国が調印

――新条約は企業活動にどのような影響を与えますか。

「取引相手と海外で紛争になった際、訴訟や仲裁、調停といった解決手段がある。その中でも、勝ち負けを明確にしない調停は紛争解決後も取引相手との関係を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]