アイシンとTRI-AD、変わるトヨタを支える両翼
ナゴヤの名企業 新戦国時代 第1部 自動車(5)

自動車・機械
中部
2019/8/9 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車グループの主要な部品メーカーであるアイシン精機と、自動運転技術の開発を担うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)。リアルなものづくりとデジタル戦略でそれぞれトヨタグループをけん引する両社のトップに、自動車業界が直面する100年に1度の変革期にいかに対峙するのかを聞いた。

■アイシン精機の伊勢清貴社長

「電動化へ祖業と決別」

――アイシンは電動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]