/

この記事は会員限定です

パナソニック、休眠特許を提供 まず東南アの大学に

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】パナソニックは社内で活用されていない休眠特許を異業種や海外の研究機関に譲渡・貸し出しする。第1弾としてシンガポールのテマセク工科大学に医療関連の特許を提供した。知財関連の収入を増やすほか、独力では難しい技術革新や新事業の創出につなげる。

魚を収容する巨大なタンクや水槽が50近く所狭しと並ぶテマセク工科大の研究室。研究者のパドゥマナブハン氏は連日、シーバスやガルーパなどの血液を採取して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン