/

この記事は会員限定です

エレコム、BtoBで「第二の創業」

ファブレスで利益率確保、周辺機器の次の柱に

[有料会員限定]

マウスやスマートフォン向け保護ケースなどのデジタル周辺機器を次々と投入する「高速開発」で成長してきたエレコム。だが、パソコンやスマホそのものの普及が一巡し、今後は大きな伸びは見込めない。次の成長の柱にBtoB(企業間取引)事業を据え、周辺機器と同様、ファブレスで高い利益率確保を狙う。「第二の創業」ともいえる挑戦が始まった。

エレコムが7月に発売した工場の見守りシステム。作業員にセンサーを取り付け、無線通信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン