/

しずおか焼津信金、リース子会社を合併

7月に2信金が合併して発足したしずおか焼津信用金庫(静岡市)は8日、傘下のリース会社2社を10月15日付で合併させると発表した。営業エリアが重複しているため、合併で業務の効率化を図る。

1日に2社の株主総会で決議した。合併後の社名は「静岡焼津リース」とし、本社は静岡市に置く。旧しずおか信金の子会社だったたちばなリース(静岡市)が存続会社となり、旧焼津信金の子会社だったまるせいリース(静岡県焼津市)は新会社の焼津支社とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン