最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,818.72 -246.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,860 +40

[PR]

業績ニュース

ユニチャーム、純利益16%減 1~6月 原材料高響く

2019/8/8 20:30
保存
共有
印刷
その他

ユニ・チャームが8日発表した2019年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比16%減の252億円だった。アジアを中心に生理用品などの販売が伸びたが、原材料価格の上昇や新工場稼働に伴う費用が増えた。

売上高は5%増の3424億円だった。地域別ではアジアが14%増で、中国やインドで生理用品が好調だった。日本は6%の減収になった。中国の電子商取引(EC)大手による在庫調整の影響で、中国向けの越境EC(電子商取引)が伸び悩んだ。中国のネット通販規制の影響で、転売業者の買いも鈍った。

売上総利益から販管費を除いたコア営業利益は17%減の392億円。原材料の高騰が60億円の減益要因となり、販売数量増加による65億円の増益を打ち消した。新工場の稼働に伴う費用や、物流費の上昇も利益を下押しした。

19年12月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比6%増の7300億円、純利益は3%増の635億円を見込む。高原豪久社長は記者会見で「下期には越境ECの回復を想定するほか、原材料価格の低下も見込んでいる」と語った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム