/

N国・立花氏、NHKと契約 受信料支払いは拒否

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は8日、東京・渋谷区のNHK放送センターを訪れ、参院議員会館の事務所に設置したテレビに関し、NHKと放送受信契約を結んだ。立花氏は契約は法律上の義務だが、受信料の支払いは法律上の義務ではないと主張する。国会内で同日開いた記者会見でも「受信料は支払わない」と拒否する考えを示した。

NHK側は日本経済新聞の取材に「個別の契約については回答を控える」とした上で「契約いただいたものには受信料を請求し、お支払いいただけない場合は法的手続きを取る」と語った。

N国は受信料を払った人だけがNHKを視聴できるスクランブル放送の実現を掲げ、参院選で1議席を得た。立花氏は1日付で参院議員会館の事務所にテレビを設置した。

同日、立花氏が申し込んでいた上田良一NHK会長への面会については、NHKから「ご要望にはお応えできません。ご理解ください」と書面で回答があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン