高知市、初の行政サービス「大賞」に介護カフェ

2019/8/8 19:12
保存
共有
印刷
その他

高知市は8日、良質な行政サービスを講じて市民から高い評価を受けた実例の中で最も優れた例として、介護職員の集いの場である「こうち介護カフェ」を選んだと発表した。16日、カフェを企画した健康福祉部介護保険課を表彰する。

表彰制度「3Qログ大賞」は今回が初めて。「3Q」は英語のクイック、クオリティー、クオータブル(引用可能な)の頭文字を取った。

「こうち介護カフェ」は18年度から市内で4回開催。第5回は9月6日に開く。全国では認知症カフェなど介護サービスの利用者が集い、日々の悩みを共有する場所づくりが進むが、働く側の新たな気づきの場は珍しい。こうち介護カフェへの参加者からは「介護の質を高める契機になった」などと市の試みを評価する声が相次いでいた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]