/

オイシックス、新興食品企業育成へCVC設立

生鮮食品宅配のオイシックス・ラ・大地は8日、スタートアップ企業に投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を立ち上げると発表した。国内外の食品や農業関連の企業に資金を投じ、生鮮食品などの調達、加工、販売事業などで協業を目指す。

投資子会社「フューチャー・フード・ファンド」を31日付で設立する。年10~15社への出資を目指す。代替肉で有名な米ビヨンドミート社への投資実績を持つパワー・プラント・ベンチャー社など米2社とも提携。海外の食関連のスタートアップ企業への投資につなげる。

第1号ファンドは9月にも組成する。国内の食品関連企業からも出資を募り、数十億円規模の投資を計画する。出資先に対し、6月に開いた食品販売サイト「オイシックスクラフトマーケット」を通じた販売支援や、大企業とのマッチング支援なども行っていく。

オイシックスは2016年に食や農業関連の企業へ投資する「フードテックファンド」を社内に設立。出資した農業スタートアップの知見を生かして契約農家の生産を効率化するなどの効果があったといい、スタートアップへの投資を拡大することにした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン