システム開発のピー・ビーシステムズ、福証が新規上場を承認

2019/8/8 19:01
保存
共有
印刷
その他

福岡証券取引所は8日、システム開発のピー・ビーシステムズ(福岡市、冨田和久社長)の新興市場「Qボード」への新規上場を承認した。上場予定日は9月12日。上場に伴う公募株式は15万株、売り出しは6万株。

福証への新規上場は大英産業に続き今年2社目。Qボードへの単独上場は、2015年8月のエスケーホーム(現Lib Work)以来、4年1カ月ぶりとなる。

ピー・ビーシステムズは1997年に創業。主に中堅企業に対して基幹システムのクラウド化を支援する事業のほか、遊園地や博物館向けに360度スクリーン型の3次元(3D)映像設備の製造販売を手掛けている。18年9月期の売上高は14億円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]