フクビ化学、純利益26%減 19年4~6月期

2019/8/8 18:52
保存
共有
印刷
その他

フクビ化学工業が8日発表した2019年4~6月期の連結純利益は前年同期比26%減の2億6700万円だった。利益率の高い樹脂製の自動車部品で、米国や中国向けが落ち込んだ。18年に積水化学工業から譲渡を受けた断熱材事業が伸び、売上高は4%増の100億円だった。

19年4~9月期の業績予想は、連結純利益を前年同期比45%減の3億3千万円に下方修正した。従来予想は7億2千万円だった。人手不足に伴う物流費の上昇や、原材料の高騰でコストがかさむ。

「米中の貿易摩擦や中国経済の減速など先行きが不透明で、現時点での算定が難しい」(同社)として、連結純利益を前期比4%増の14億円とする20年3月期の通期業績予想は修正しなかった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]