シービークラウド、12億円資金調達 ソフトバンクや佐川から

2019/8/8 18:30
保存
共有
印刷
その他

荷主と配送ドライバーのマッチングサービスを手がける物流スタートアップのCBcloud(シービークラウド、東京・千代田)は8日、ソフトバンクや佐川急便など4社から総額12億3900万円を調達したと発表した。調達資金は新たな配送サービスの開発や技術者の採用などに充てる。

日本郵政キャピタル(東京・千代田)や物流施設開発などを手がけるシーアールイー(CRE)も出資した。シービークラウドの第三者割当増資を引き受けた。佐川急便とは業務提携もして家具や家電製品など宅配便では運べない大型の荷物向けの配車システムを2020年度中に全国展開する。

シービークラウドは運搬を依頼したい荷主と個人事業主の軽貨物ドライバーを直接つなぐサービス「PickGo(ピックゴー)」を運営している。宅配やチャーター便など荷主の依頼をアプリを通じてドライバーに紹介する。登録ドライバーは1万2000人を超えた。松本隆一最高経営責任者(CEO)は「アナログで非効率的な運送業界をITで変革し、ドライバーの待遇改善につなげたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]