2019年8月23日(金)

今春大卒者の78%が就職 9年連続上昇、学校基本調査

大学
2019/8/8 18:17
保存
共有
印刷
その他

今春に大学の学部を卒業した57万2640人のうち、就職者の占める割合は78.0%で、前年度比0.9ポイント増の44万6887人だったことが8日、文部科学省の2019年度学校基本調査(速報値)で分かった。卒業生に占める割合は、9年連続で上昇した。

就職者のうち正規雇用や自営業など期間の定めのない仕事に就いた人は前年度から1万1876人増の43万964人で、75.3%を占めた。文科省の担当者は「高水準の求人倍率を反映しているのではないか」と話した。

就職者以外の主な内訳は「大学院や海外の大学などに進学」が6万5351人で、割合は11.4%。「パートやアルバイトなど一時的な仕事に就いた」は8165人で1.4%だった。「進学も就職もしていない」は、6.7%の3万8229人だった。

大学や短大など高等教育機関への浪人生を含む進学率は、前年度より1.1ポイント増の82.6%で過去最高。大学学部の在学者は前年度より9747人増えて260万9431人となった。

学部在学生のうち女子学生は45.4%の118万4038人で過去最高を更新した。大学全体の女性教員数も4万7623人となり、4人に1人を超えた。

小学生の636万8545人、中学生の321万8115人は少子化を背景に、いずれも過去最少だった。

学校基本調査では毎年、国公私立を合わせた全国の幼稚園、小中高校、大学など教育機関の数や在学者数、卒業生の進路などを集計している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。