/

ペプドリ、変則決算で今期最大6億円の赤字

創薬ベンチャーのペプチドリームは8日、提携先の世界製薬大手にあわせて決算期を12月期に変更すると発表した。6カ月の変則決算となる2019年12月期は、契約金収入が集中する4~6月を含まないため、単独税引き損益は最大6億円の赤字になる見通しだ。米創薬ベンチャーのクリオ社との共同研究などで研究開発費が増えることも収益を圧迫する。

もっとも、業績は上向いており、12カ月決算に戻る20年12月期の税引き利益は40億円以上の見通しだ。これは19年6月期を44%以上、上回る水準だ。

20年12月期は大型契約を見込んでおり、売上高は100億円以上の見通し。前期と比べた増収率は39%以上になる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン