埼玉県知事選 新人5人が立候補し舌戦開始 与野党対決が軸

2019/8/8 17:49
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う埼玉県知事選が8日告示され、新人5人が立候補した。4期16年務めた上田清司知事に代わる「埼玉の顔」を選ぶ選挙で、少子高齢化や人口減少への対応などが争点となる。自民、公明両党が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)と、上田知事や野党4党が支援する前参院議員の大野元裕氏(55)の対決を軸に、激しい選挙戦が予想される。

ラグビーボールを持って演説する青島氏(8日午前、埼玉県熊谷市)

出陣式であいさつする大野元裕前参院議員(8日、埼玉県川口市)

党の主張を述べる国民を守る党の浜田聡氏(8日、埼玉県庁)

■青島氏

青島氏は午前11時ごろ、9月にラグビーワールドカップが開かれる熊谷市で第一声を上げた。スポーツ振興を重点政策に掲げる候補者として発信力をPRする戦略だ。演説でも「埼玉にはプロアマ問わず様々なスポーツコンテンツがある。世界に誇るスポーツ立県にしたい」と強調した。

スポーツ以外では教育環境の充実やいじめ、虐待防止など子供のための政策の実現を訴えた。「ダイナミックにインフラを整備する」として道路や治水分野、地下鉄の延伸を挙げたほか、自民党県議団が提起した県庁舎の建て替えにも前向きな意向を示した。

応援には自民、公明両党の県組織幹部のほか、日本オリンピック委員会(JOC)副会長の橋本聖子参院議員らが駆けつけるなど組織力を見せつけた。自民県連の新藤義孝会長は「国と地域がきちっと連携できる体制をつくれるのは青島さんしかいない」と訴えた。

■大野氏

大野氏は故郷の川口市内で出陣式を開いた。「上田県政が担ってきたこの埼玉県を、どんなことがあっても後ろに引き戻してはいけない」と声を張り上げ、上田路線の継承を印象づけた。先端技術の活用などを挙げ「今までの16年間をさらに大きく発展させなければならない」とも語った。

川口市は自民県連の新藤会長の地元でもあり、政財界の一部では支援を巡り大野氏と青島氏の「股裂き状態」が生じている。川口での出陣式は青島陣営を揺さぶる狙いもあるとみられる。大野氏の応援団長を務める上田知事は「勝利の推進力は川口だ」と鼓舞し、聴衆を沸かせた。

「しがらみのなさ」を掲げて立候補予定だった行田邦子前参院議員(53)が告示直前に出馬を断念したことで、大野陣営は行田票の取り込みを狙う。大野氏は「どこかの政党ではなく、県民のための政治をやらせてもらう」と強調した。

■浜田氏

NHKから国民を守る党の公認候補として立候補した浜田聡氏(42)は県庁前で第一声を上げた。「県知事の仕事は幅広く、責任感を伴う仕事だ」と語りつつ「NHKを見ない人の権利を守ることを訴えていく」と同党の主張を繰り返した。

同党は7月の参院選で政党要件を満たす得票を獲得し、比例代表で1議席を得た。参院選後初となる首長選への挑戦で党勢拡大を狙う。浜田氏は岡山県在住の医師で「埼玉県はまだ知らないことも多い。63市町村を全て回って最終日を迎えたい」と語った。

知事選にはほかに、元高校教諭武田信弘氏(65)と元会社員の桜井志津江氏(63)の2氏が立候補を届け出た。武田氏は予算執行の透明化、桜井氏は道路整備などを訴える。知事選は25日に投票、即日開票される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]