/

体操団体、「金」奪還 2016年リオ五輪

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」。名実況と共に記憶される2004年アテネ五輪の体操男子団体の金メダル。体操ニッポンの勇姿に憧れた当時の少年たちにとって、五輪の団体金こそ最高の勲章だった。

内村航平、白井健三の二枚看板を誇る新生ニッポンは15年世界選手権で37年ぶりに優勝、自信を持って南米リオデジャネイロの地に乗り込んだ。だが、公式練習に続いて予選でもミスが相次ぎ、まさかの4位。12年ぶりの金メダル奪還に暗雲が垂れこめた。

追い込まれた5人は決勝で気迫の演技を見せた。最初のあん馬で山室光史が落下したものの、3種目めの跳馬で白井が高得点を出して2位に浮上。加藤凌平、田中佑典、内村が15点台を並べた5種目めの鉄棒でロシアを逆転し、最後の床運動も内村が締めくくった。

5人全員が今も現役を続けるが、若手の突き上げに遭い、今年の世界選手権代表には内村、白井も含めて1人も残れなかった。果たして東京五輪の舞台に立てるのか、彼らの反発力に再び注目が集まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン