オリパラ考

フォローする

東京五輪で見たくない ドーピング巡る感情的対立
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/8/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドーピング違反に問われた競泳男子のベテラン、古賀淳也(32)の資格停止期間が4年から2年に短縮された。服用したサプリメントが汚染されていたためであり「故意ではなかった」という古賀の主張がスポーツ仲裁裁判所(CAS)で認められたのだ。

それでも古賀は東京五輪を目指せない。復帰する20年5月、代表選考会である日本選手権(同年4月)は終わっている。

故意でないと認められたのに、2年の処分を受ける。自分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ=ロイターロイター

 世界のマラソン界が活況を呈している。12日にウィーンで行われた人類初の2時間の壁突破(サブ2)を目指す特別レースで、2時間1分39秒の世界記録を持つ男子のキプチョゲ(34、ケニア)が42.195キロ …続き (10/18)

今のラグビー日本代表には驚くほどの一体感と求心力を感じる

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、にわかラグビーファンが急増している。恥ずかしながら、自分もその一人。学生時代は大好きで記者1年目はラグビー担当だったのに、1990年代半ば以降、仕事以外ではテレビ観 …続き (10/11)


 9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、広範囲で停電を引き起こすなど大きな被害を出した。古来、台風が来たり強風が吹いたりする日とされる「二百十日」とは、9月1日前後を指す。来年は同時期に東京パラ …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]