ベトナム高速鉄道計画迷走 速度落としてコスト半減案

アジアBiz
2019/8/8 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=大西智也】ベトナムの南北を結ぶ「南北高速鉄道」計画が再び混迷している。約6兆5千億円を投じ時速350キロで首都ハノイと商業都市のホーチミン市を結ぶ高コスト案に政府内でも異論が噴出。速度を時速200キロに落とすことでコストを半減できる案が浮上してきた。同計画は2010年に国会で関連法案が否決された経緯があり、資金面の壁に再び直面している。

両都市を結ぶ高速鉄道の距離は約1560キロメート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]