ブラジル 年金改革法案が下院通過 財政健全化が前進

2019/8/8 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【グアテマラ市=外山尚之】ブラジルで7日、年金支給年齢の引き上げを柱とした年金改革法案が連邦議会下院を通過し、上院に送付された。50歳代から受給できるブラジルの年金制度は財政赤字の主因で、懸案の財政健全化が前進した。1月に就任したボルソナロ大統領は奔放な言動で国内外から批判を浴びるが、経済政策では経済開放などの改革路線を進め、市場から評価されている。

7日未明に採決を行い、賛成票が370と全議席…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]