渡辺謙がNHKでコメディードラマ 広告代理店が舞台

2019/8/9 18:00
保存
共有
印刷
その他

海外の舞台や映画でも活躍する渡辺謙主演のNHK特番ドラマ「君は天才!」が8月10日午後10時からBSプレミアムで放送される。9月28日にはNHK総合で再編集版を放送する。渡辺は今年3月、同局のドラマ「浮世の画家」(カズオ・イシグロ原作)で主役を演じた。戦時中の画家の内面に迫るシリアスなドラマだったが、今回は一転、渡辺には珍しいコミカルな作品に仕上がっている。

広告代理店を舞台に、渡辺が営業部長の五十風高志を演じる。制作統括の原田秀樹氏は「NHKは広告業界とは縁遠いので、関係者に取材し、裏方にも入ってもらった」と明かす。五十風は声が大きく、ノリのよい昔ながらの広告マンを象徴する存在で、多彩な部下に囲まれている。パワーハラスメント(パワハラ)や企業倫理など今日的な話題も笑いを織り交ぜて風刺する。洗濯ばさみで顔をはさまれたり、頭から水をかぶったりするシーンもあり、渡辺の体を張った演技は見どころの一つだ。

「テレビドラマでコメディーを演じた経験は三谷(幸喜)くんの作品などである。ドラマでは役に合わせた行動規範やルールがあるが、今回はそういったことをとっぱらって本当に自由に演じさせてもらった」と渡辺は話す。ハラスメントやコンプライアンスが話題になっていることについては「もちろん良くないことではあるが、一方で息苦しさを感じることもある。こうした制限された状況は、まさにコメディーになる」と述べた。

渡辺は先日まで、東急シアターオーブ(東京・渋谷)でミュージカル「王様と私」の主演を務めた。「コメディーの演技はまだまだというのが正直な感想。『王様と私』のように虚実のうち『実』の部分を演じることが多いので、『虚』の演技をもっとやっていきたい」と意気込んでいた。

(前田龍一)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]