新生銀、米ファンドが株の大半売却、筆頭株主は政府に

2019/8/8 15:54 (2019/8/8 17:20更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新生銀行は8日、筆頭株主の米投資ファンド「JCフラワーズ」が、同行の株式の大半を売却すると発表した。JCフラワーズは米投資家、クリストファー・フラワーズ氏が運営する投資ファンドで、フラワーズ氏本人や関連ファンド保有分を含めて、2019年3月末時点で新生銀の発行済み株式(自己株除く)の22.57%を保有している。

売却する株式数や売り出し価格は8月下旬にも正式に決める。フラワーズ氏は現在、新生銀の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]