違法カジノ、白タク… 訪日客を誘う闇ビジネス横行

スコープ
2019/8/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・池袋で7月、外国人観光客らを相手に営業していた違法カジノ店が摘発された。多額の金を投じる富裕層を集め、約1年間で1億円を超える利益を得ていたという。訪日客数の増加に伴い、裕福な外国人を狙う闇の観光ビジネスも目立ち始めている。

JR池袋駅(東京・豊島)近くの雑居ビルの7階。「ネオ」の表の看板はマージャン店だ。身なりのよい中国人が次々に入っていく様子を捜査員がじっと見つめていた。「バカラ賭博を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]